8時間ダイエットの失敗談

多くの人が挫折するダイエット。例に漏れず、私も失敗した人間です。そんな私のダイエット失敗談をご紹介したいと思います。

 

学生の頃から常にダイエットをしないと、と思い続け、食事制限を行ったりジムに通ったりと色々と試してきました。そんなある日、テレビで8時間ダイエットの特集を流していたので、見てみることに。

 

内容はいたって簡単、1日24時間のうち、食事を8時間以内で終わらせるというものでした。つまり、朝7時に朝食を済ませたら、その日の食事は15時までに完了させるということです。食べるものの制限は特になく、時間のみを制限するというダイエット法です。私も今度こそは!と一念発起して、この8時間ダイエットにチャレンジすることにしました。

 

私の場合、仕事をしている関係上、朝食か夕食を抜かないと8時間以内におさめることができないため、泣く泣く夕食を抜くことにしました。とりあえず朝食と昼食は好きなものを気にせず食べ、帰宅したら何も食べずにひたすら我慢という日々。正直言ってストレスフルな食生活でした。

 

続けてから2ヶ月後、体重は始める前からマイナス3キロとなりました。嬉しい思いはありましたが、それを上回る食への欲求が高まってしまい、とうとう禁断の夕食に手を伸ばすことに。こうなるともう止まらず、毎日きっちり3食とるようになり、ダイエットの失敗を悟りました。

 

やはりダイエットは、根性のある人ではないと難しいのだと実感できる体験になりました。